美顔器の選び方・ポイントです。人気おすすめ美顔器ランキング【2018】!おすすめ家庭用美顔器をご紹介。ランキングサイトの真実

美顔器の選び方・ポイント

家庭でも気軽に使えるハンディタイプの美顔器。
しかし、効果のある美顔器でも使い続けられなければ意味がありません。

短期間で劇的に効果が実感できれば、それなりに使い続けられると思うのですが、美顔器は1ヶ月程度は使ってやっと、すこし改善してきたかな、程度のものが多く、それまでに美顔器自体の機能面や利便性、ランディングコストなどで、そのうち日々の美顔器のケアが面倒くさくなってきます。

満足のできる効果が出るまでに時間がかかり、それまでにどこかにしまい込んでしまって使わなくなってしまうパターンの方が大変多いのが美顔器なのです。

ここでは、効果が実感できるまで、使い続けられる美顔器の選び方についてのポイントをご紹介します。

  • 機能・性能・効果

    性能は美顔器の機能、導入方法によって様々で効果にもかなり個人差があるようです。
    一概に価格が高い美顔器が効果も高いというわけでもなく、最近は「多機能」を売りにして販売合戦が過熱してきているように思います。
    効果が期待できるとされる機能を何でもかんでも付けることで、実際の効果も倍増するというものではありません。
    それは医療用やプロが使う何十万円もする高価な業務用美顔器を見れば分かると思います。
    美顔器メーカーによる「多機能なのでお買い得」という演出でしかありません。
    特に最近ではメインの機能にLEDを付加させたハンディタイプの美顔器が多く出てきていますが、顔全面に照射する出力や規格の異なる業務用の本格的なLED美顔器のような効果をハンディタイプのもので期待することはできません。
    どうしても買う側としては多機能なほどお得感がありますが、余計な機能は使わなくなったり故障の原因にもなるので、本当に欲しい機能だけのシンプル設計な機種が性能面での信頼性があり、効果も期待できて、おすすめです。

  • 利便性

    「利便性が高い」というのはスキンケアを続けるという意味で意外と重要です。
    利便性が高くない、つまり使う事が面倒くさいと思うようではいくら効果のある美顔器でも使わなくなってしまう人が多いものです。
    軽くて小さく、コンパクトで動作音が小さい、どこでも気軽に使えるものがおすすめです。
    また、寝室やコンセントのない部屋、外出先でも使えるようにACアダプター以外でも、バッテリーや乾電池で動作したり充電式のものが、絶対便利です。
    ただし、充電式のものは専用バッテリーのものやバッテーリー内蔵だとバッテリーの寿命でバッテリー自体を交換する必要が出てきて、かえって費用が高くつくこともあります。
    また予備のバッテリーなども使えない場合は充電器を外出先に持ち歩くことになりますので充電器の大きさや重さにも注意が必要です。
    一番おすすめなのは充電式でも乾電池に対応しているものか乾電池式で必要に応じてエネループなどの充電式乾電池が使える機種です。

  • 耐久性

    良いものでもすぐに壊れてしまっては意味がありませんね。
    前述したバッテリーもですが、耐久性の品質の一つの目安としてやはり国産、日本製が信頼性が高いと思います。
    海外製品がどれも壊れやすいということではありませんが、日本製の機種はやはり日本の環境で使う事を前提で開発されていますので信頼性があります。
    また、製造メーカーの販売実績やある程度の期間、保証が付いているかなども目安にしてください。

  • 副作用・トラブル

    機種によっては肌にトラブルが出た、ということも稀に聞きますが、多くは使い方を間違っていることが原因です。
    しかし、多少使い方が間違っていても悪い副作用が出ない安全設計な美顔器がおすすめです。
    美容成分を導入する機種では、肌トラブルが出やすい仕組みのものもあるので注意してください。
    副作用に関しても日本の安全基準は大変厳しいので、こちらに関しても日本製が安心でしょう。

  • デザイン性

    自宅で使う場合はデザインや見た目は気にならないと思いますが外出先で使用することが多い場合は見た目も大切ですね。
    最近の家庭用美顔器はコンパクトでおしゃれな可愛い機種が増えてきていますので選択の幅も増えています。
    好みに応じて選ぶのもいいのですが、やはり見た目よりも利便性や性能、効果を優先してください。

以上を踏まえて、下記にオススメの美顔器をご紹介していますので、参考にしてみてください。

おすすめ美顔器ランキングはこちら

  • 不要な中古美顔器はおすすめの買取業者へ
  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加