IPL美顔器とは?です。人気おすすめ美顔器ランキング【2018】!おすすめ家庭用美顔器をご紹介。ランキングサイトの真実

IPL美顔器とは?

IPL美顔器のメリットとデメリット

フェイシャルのみならず、全身のスキンケアアイテムとして話題性を集めているのが、IPL美顔器です。

IPLとはインテンス・パルス・ライトの略で、IPL美顔器の特徴は、異なる波長による美容効果があり、光による美肌ケアとしては新ジャンルとなる美顔器です。

さらに美肌効果だけではなく、ムダ毛による脱毛効果までも得ることができるのも特徴で、ホームエステ体験が手軽に実現可能となります。
フェイス用やボディ用などのカートリッジの付け替えによって、様々な美容効果を生み出すことができるIPLは、一般的なレーザー美顔器のような単一の波長とは違い、様々な長さとなる波長の光を肌に照射するのが特徴となります。

その異なる波長によって肌表面や深部にまで有効成分が作用し、加齢に悩む女性も美肌を得ることやムダ毛がないツルツル素肌までが手軽に得られます。

リフトアップ効果で、シワやたるみ、肌荒れ、乾燥肌にも有効です。

IPL美顔器の特徴となる短い波長は、古い角質を剥がしてくれる表面に作用し、中間の波長はシミやそばかすに結びつく表皮のメラニン色素を破壊してくれます。
また、長い波長を照射することにより、コラーゲン生成する繊維芽細胞を活性化させる働きがあり、肌の内側から弾力ある肌を作り出してくれます。

この様々な波長の働きかけによって、美容に効果的となる有効成分が必要とする肌層に届く魅力があります。
例えば、毛穴汚れや詰まりなどが気になる角質をはじめ、肌触りなどの弾力に繋がる表皮、1日中乾燥知らずの潤い肌をキープする真皮など、それぞれの肌の層に効果的な成分が光照射によって、しっかり浸透してくれるので、毛穴の開きや黒ずみ、シミ、くすみ、ニキビなどの吹き出物にも効果的。

通常IPLは、脱毛機器として専門サロンなどで導入されており、毛周期にあわせて照射することによって、黒いムダ毛にのみ反応する波長により、自然とムダ毛が抜け落ちる効果が得られます。

しかしながら、黒い色素に反応するため、日焼けした肌には火傷、炎症などのトラブルに繋がってしまうデメリットがあり、同じ仕様となるIPL美顔器にもメリットとデメリットが挙げられます。

光による異なる波長を照射するため、感じ方に個人差があるものの、多少照射部分が熱く感じる場合や刺激によって赤みや火照り、炎症が見受けられる場合もあるため、事前に試し射ちも必要となります。

また、美顔器としてのスキンケア効果にとても優れているため、紫外線などによる日焼けやシミ、そばかすにも効果があります。

家庭用のコンパクトなIPL美顔器ならこちらがおすすめ

IPL美顔器は前述のように、日焼けした肌に反応してしまうために火傷や炎症などのトラブルが起きる危険性がありますので、現在家庭用の美顔器として販売されているものは少なく、ほとんどが脱毛器になります。

そんな中、顔のスキンケアにも使える家庭用IPL脱毛美顔器「美ルル クリアベールミニ」はとてもオススメです。

この美ルルクリアベールミニは、ムダ毛ケアとスキンケアが同時にできる優れもの。

脱毛処理した際にカミソリ負けや乾燥肌、吹き出物が気になる方、そのままムダ毛ケアを続けていると「汚肌」が進んでしまいます。。
「汚肌」の進行が心配な方には、このスキンケアも同時に行える美ルルクリアベールミニは肌を傷つけることなくムダ毛ケアができ、とてもオススメです!

顔はもちろんん、ワキや腕、ちょっと恥ずかしいVIOなど、体のどこにでも使えるので安心、また、使用するIPLは照射ごとに毎回肌色検出される安全設計なので、火傷の心配もほとんどありません。

価格も手ごろ(29,800円)で家庭でIPLの光脱毛やスキンケアを行いたい方に最適な機種です。
気になる方は下のリンク先ページから確認してみてください。

「美ルル クリアベールミニ」の詳細はこちら

IPL美顔器のケアはエステサロンなどのフェイシャルエステもおすすめ

顔の美容としてIPLのスキンケアを受けてみたい場合、エステサロンのしっかりとしたプロの施術もオススメです。

次に、IPLのフェイシャルエステが受けられる、オススメのサロン「ヴィトゥレ」をご紹介します。
ヴィトゥレは全国にお店があり、月々3,800円~と低コストで通える金額プランを提供しているため、今とても人気を集めています。

小顔になりたい、毛穴が気になる、シミやたるみを何とかしたい、、などお悩みの方は是非、IPLを用いたヴィトゥレのフェイシャルエステを体験してみてください。

「ヴィトゥレ」フェイシャルエステ革命コースの詳細はこちら

  • 不要な中古美顔器はおすすめの買取業者へ
  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加