EMS(低周波)美顔器とは?です。人気おすすめ美顔器ランキング【2017】!おすすめ家庭用美顔器をご紹介。ランキングサイトの真実

EMS(低周波)美顔器とは?

刺激による引き締め効果が期待できるEMS(低周波)美顔器

年齢を重ねると顔の筋肉は衰えがちとなり、フェイスラインが若い時よりも下がってしまい、見た目年齢を引き上げてしまいます。
この筋肉の衰えに作用するためには美容機器を巧みに使い分けることが大切であり、フェイスラインの引き締めとなるリフトアップにより、年齢よりも若く見せることが可能となります。
特に顔の筋肉を鍛えるために利用したいのがEMS(低周波)美顔器であり、現在ではエステサロンのみならず、ホームエステとなる家庭用のEMS(低周波)美顔器も登場しています。
美顔器を利用するにあたり、メリットとデメリットの両方を知ることにより、正しい使い方で最大限の効果を実感することに繋がるため、利用時のポイントと言えますが、どのような美容機器においても、100%安全・安心と呼べる製品はなく、メリットがあれば必ずデメリットも存在しています。
例えば、EMS(低周波)美顔器の特徴となるのが周波数であり、その範囲は1Hzから1000Hzの電流が流されるのが特徴です。
低周波と呼ばれるように、振動数は低く、音波や電波を指しています。
肌刺激によってリンパの流れが改善され、浅い部分となる表情筋を収縮させることができるのが最大の特徴となります。
美顔器としてのみならず、筋肉を刺激するボディへの痩身に応用されるなどの引き締め効果も実証されていますが、脂肪を減らすあるいは溶解するなどの効果がないため、脂肪の塊などをのセルライト除去する目的での利用は難しく、こうした点がデメリットと言われています。
しかしながら、筋肉が鍛えられることによって脂肪燃焼に結び付けることや、メリハリあるラインを作り出すことは可能です。
低周波によるピリピリとした電流が流れる感覚があり、痛みや刺激に敏感な方の場合には注意が必要ですが、激痛を伴うほどの電流ではなく、ほぼ無痛です。
美容機器であるものの、肌表面への効果ではなく、内側となる筋肉を鍛えることによる引き締め効果が期待できます。

広告

加齢をはじめ、重力に逆らえない目元や口元などは鍛えたくとも間違ったマッサージやストレッチによって、逆にシワを作り出す要因となるため、加齢による衰えにはEMS(低周波)美顔器が適しています。また、美顔器にはグローブタイプも提供されているのも特徴で、水に濡らして電流を通すことで低周波が筋肉にアプローチしてくれますしバスタイムに利用可能です。
EMS(低周波)美顔器は線維芽細胞にアプローチすることによって、コラーゲン生成を促す効果もあるため、肌にハリを与えることにも自然と結び付きますが、他の美顔器ほどに表面上の美肌効果は乏しく、引き締めメインで利用することがポイントとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加